呑みくらべ.com

日本酒(地酒)、ワイン、焼酎、地ビール販売呑みくらべ.comを運営するコヤマカンパニー

こだわりの一品

店主のオススメ商品

オリジナルラベル

商品カテゴリ

コンテンツ

業務用酒類販売

 

メール会員登録

 

HOME»  日本酒の種類

日本酒の種類

日本酒の種類

 

日本酒は、原料米や麹、製法、その後の加熱処理の方法によって、多くの種類に分類されます。
また、同じ原料米で造られたお酒でも、地域、蔵元、製法によって味や香りは千差万別。それぞれに適した温度や、合う料理があります。 自宅や居酒屋にいながらにして、日本一周ができる。これが日本酒を楽しむ醍醐味と言えるでしょう。


吟醸酒純米酒本醸造酒生酒原酒ラベルの読み方

 

吟醸酒

吟醸酒

 

精米歩合が60%以下で、米酵母を用いて低温でゆっくりと発酵させて
醸造(吟醸造り)したお酒です。 吟醸造りを行うことで雑味がなくなり、フルーティーな独特の芳香と、スッキリとしたなめらかな舌触りが生まれます。
吟醸酒のうち、精米歩合が50%以下のものを「大吟醸」、醸造用アルコールを使用しないものを「純米吟醸酒」と呼びます。 吟醸造りには質のよい酵母と、蔵元の高い技術、時間がかかるため、「お酒の芸術品」とも言われています。
 

>>吟醸酒はコチラ   >>大吟醸酒はコチラ

 

純米酒

純米酒

 

精米歩合が70%以下の原料米と麹、水を原料にして造られるお酒です。
文字通り「米だけのお酒」で、純米酒以外の日本酒には、醸造用アルコールや糖類が添加されています。
純米酒の中でも、精米歩合が60%以下で、原料である酒造好適米の使用率が50%を超えることが明示されているものを「特別純米酒」、吟醸造りのものを「純米吟醸酒」と呼びます。 米の持つうまみが生きる、ふくよかな香りとコクのある味わいが特徴です。

>>純米酒はコチラ

 

本醸造酒

本醸造酒

 

精米歩合が70%以下の原料米に、醸造用アルコールを添加して造ったお酒です。 「本造り」「本仕込み」とも呼ばれ、最もポピュラーな日本酒と言えるでしょう。 醸造用アルコールは「混ぜもの」という悪いイメージがありますが、実は日本酒をサラリとしたさわやかな飲み心地にさせる大きな役割があるのです。 また、使用される醸造アルコールの分量は原料米の10%以下と決められています。

>>本醸造酒はコチラ

 

生酒

日本酒は酒蔵で仕込まれたあと、出荷されるまでに通常2回の火入れ(加熱処理)を行いますが、この火入れを行わないものを「生酒」と呼びます。
生酒は、新鮮でフレッシュな味わいが特徴で、絞った後、生で貯蔵し瓶詰めの前に加熱されたものを「生貯蔵酒」、絞った後、貯蔵前に加熱し、出荷時に加熱しないものを「生詰め酒」と呼びます。

 

原酒

日本酒は、もろみを搾った後に、アルコール度数を調整するために水を加えますが、この加水を行わない酒のことを「原酒」と呼びます。
醸造方法によって異なりますが、加水を行わないためアルコール度数は高く、一般的に18~20度くらい(通常の日本酒は15~17度)あります。 口当たりは濃厚かつ風味豊かで、オンザロックで楽しめるものもあります。

 

ラベルの読み方

お酒のラベルには、そのお酒に関する様々な情報が記載されています。 ラベルの見方を知っておくと、そのお酒がどういった口当たりで、
どのような飲み方が適しているのかなど、日本酒の楽しみ方がグンと広がります。
ラベルを見ながら、いろいろ日本酒を試して、自分に合う日本酒を見つけてください。

 

ラベルの読み方

 

酒造り用の米は、食用の米とは違い、粒の中心に芯白と呼ばれる白いデンプンの塊があるのが特徴です。
また、原料米も麹造りに使われる麹米、もろみ造りで仕込む掛米(かけまい)などに分けられます。
代表品種は、山田錦や美山錦、五百万石などがあります。

 

ラベルの読み方

 

文字通りアルコールが含まれている割合を指します。原酒で18~20度、一般的な日本酒は15~17度程度です。

 

ラベルの読み方

 

甘い、辛いの目安となる数字で、水の比重と同じものをゼロとして、
甘さのもととなる糖分が多いと比重が重くなりマイナスに、少ないとプラスになります。
つまり、マイナスの度合いが高いほど甘口に、プラスの度合いが高いほど辛口になります。

 

ラベルの読み方

 

日本酒に含まれる有機酸の総量で、味の濃淡を見る目安となる数字です。
現在の日本酒の平均酸度は1.3~1.5で、数値が低ければ旨みが強く、高ければ辛口になります。
日本酒の甘い・辛いの判断は日本酒度と酸度のバランスで判断します。

 

ラベルの読み方

 

米の外側を削って、残った白米の割合です。 精米歩合50%とは、50%の糖として削り取っていることになります。
一般的に米は削れば削るほど雑味が消え、独特の香りとともに、米本来の旨みが出るといわれています。

 

ラベルの読み方

 

酒造りに携わる人のことを蔵人(くらびと)といいますが、その蔵人の総責任者のことを杜氏(とうじ)といいます。
現在、全国に20人以上の杜氏がおり、それぞれの蔵元によって、味や香りなどの個性が生まれます。
杜氏の中でも、南部杜氏(岩手)、越後杜氏(新潟)、丹波杜氏(兵庫)は日本三大杜氏と呼ばれ、多くのファンを持っています。