呑みくらべ.com

日本酒(地酒)、ワイン、焼酎、地ビール販売呑みくらべ.comを運営するコヤマカンパニー

こだわりの一品

店主のオススメ商品

オリジナルラベル

商品カテゴリ

コンテンツ

業務用酒類販売

 

メール会員登録

 

HOME»  焼酎の種類

焼酎の種類

焼酎の種類

 

今もなコアなファンを魅了する焼酎。
中でも「本格焼酎」と呼ばれる、単式蒸留器で蒸留された焼酎は、
原料の風味が生きた独特の香りと口当たりで、
これまでお酒に興味がなかった女性や若い人たちの心をつかみました。

ここでは、原料による特徴をご紹介しましょう。

芋焼酎麦焼酎米焼酎黒糖焼酎泡盛

 

芋焼酎

芋焼酎

 

焼酎ブームの火付け役といえるのが、芋焼酎です。甘くふくよかな香りと深いコクが人気の要 因ですが、かつてはこの香りが「イモくさい」「オヤジくさい」と敬遠されていた時期もありました。
現在は、原料へのこだわりや製造技術の向上が、素材の良さを存分に引き出し、その味と香りを更に芳醇なものにしています。
味と香りのポイントは、原料であるさつま芋の種類です。主要品種であるコガネセンガンのほか、ベニハヤト、ベニアズマ、シロユタカ、ジョイホワイト、ムラサキマサリなど多くの種類があり、これらを飲み比べるのも楽しみの一つです。 多くのさつま芋が採れる鹿児島、宮崎、伊豆諸島が主な産地です。

>>芋焼酎はこちら

 

麦焼酎

麦焼酎

 

芋焼酎がクローズアップされてはいますが、昔から国内で最も多い生産量を誇るのが麦焼酎です。 原料は主に二条大麦が使用され、麦特有の香ばしさと軽やかな飲み口が特徴で、どんな料理にも合うクセのなさが高い人気を誇る理由です。
また、麹のブレンドによって飲み口が大きく変わるほか、熟成させればさせるほど、深い味わいが出てきます。 主要産地は大分、宮崎、長崎の壱岐地方で、特に壱岐焼酎は麦2:米1という原料の使用比率が絶妙で、深いコクとまろやかな口当たりで根強いファンを持っています。

>>麦焼酎はこちら

 

米焼酎

米焼酎

 

米だけを原料とする米焼酎は、日本酒のようなさわやかな香りが特徴です。しかし、その飲み口はスッキリとした軽やかなものから、米の甘みと濃厚さを感じ取れるものまで、バラエティー豊かです。
近年は卓越した技術をいかすべく、日本酒の蔵元も積極的に焼酎造りに参入し、ますます活気づいています。 米を主食とする日本だけに、全国各地で造られていますが、肥沃な大地と美しい水に恵まれた熊本・球磨地方の球磨焼酎は特に有名で、蒸留酒造りが盛んな九州においても、他県とは違った独特の焼酎文化を持っています。

>>米焼酎はこちら

 

黒糖焼酎

黒糖焼酎

 

黒糖焼酎は、奄美諸島(奄美大島、徳之島、喜界島、沖永良部島、与論島)特産の焼酎で、ラム酒と同様、サトウキビを原料とするため、日本のラム酒と呼ばれています。
ラム酒との大きな違いは、製造工程で米麹を加えて仕込むこと。これは戦後、アメリカの統治下にあった奄美諸島が日本に返還される際、税率の関係から、麹を 加えてラム酒ではなく焼酎の扱いとしたことに由来しています。そうした経緯から奄美諸島でしか造ることが許されていない島酒となっています。
高い香りと豊かなコク、ほのかな甘さから女性にも人気のある焼酎で、かつて世界最高齢としてギネスブックにも載った泉重千代さんが愛飲していたことでも有名です。

>>黒糖焼酎はこちら

 

泡盛

泡盛

 

泡盛は沖縄独自の蒸留酒で、米を原料としています。 米焼酎も蒸留酒ですが、日本の米を原料とし、仕込みに白麹を使う米焼酎に対して、泡盛はタイ米を原料に、沖縄独特の黒麹を使用して仕込むという製法に大きな違いがあります。
また、泡盛という名前の由来ですが、大きく分けて2つあるとされ、1つはアルコール度数が強く、注いだときに泡が立つことから「泡盛」となった説。
もう1つはかつて米ではなく粟を原料として造っていたことから「粟盛→泡盛」となった説があります。 泡盛は、熟成が進むほどおいしくなるとされ、沖縄の家庭には「仕次ぎ」といわれる方法で、何代にも渡って泡盛が受け継がれています。

>>泡盛はこちら

 

その他焼酎

上記のさつま芋、麦、米、黒糖のほか、蕎麦、しそ、酒粕、栗、ゴマ、じゃが芋、カボチャ、ヨモギ、ニンジン、昆布、わかめ、お茶など、
原料にできないものがないというくらい、様々な原料で造ることができます。 ユニークなものでは牛乳を原料とした焼酎もあります。